CONSULTING ことばコンサルティング

講座後の質問時間で、多くのお悩みに即答してきました。そのご縁を、もっと広めたいと考えました。

「羊たちの沈黙」という映画をご記憶でしょうか。登場人物に「ハンニバル(人食い)レクター博士」がおり、その名の通りグロテスクなエピソードに事欠きません。
個人的に印象に残っているのは、刑務所へ収監されていた博士に、ヒロインが会いに行った一連のシーン。彼の隣の部屋にいた囚人が、ヒロインを侮辱します。そのふるまいをなぜか彼女に詫びていた博士は、後に囚人を自ら舌をかみ切るように仕向けます。
直接、対面もできないのにどうやって? それは、博士が言葉の力でじわじわと追い込んで行ったから。仕事柄でしょうか、私はこのエピソードが心に深く刺さりました。

言葉だけで、人は前に進むことが出来るし、その逆もある。それなら言葉を生業とするものとして、人や組織や企業を良いほうに向けるお手伝いをしたい。そう考えるのは、私にとって自然なことでした。ただ、私にその実力はあるのかどうか。そこに自信が持てるまで、コンサルティングを生業に加えることには、ためらいがありました。

そしてこの10年、15年。初対面のお客様とお話をした際に「いまのお話は無料ですか?」と尋ねられたり、「気がつくと『先生』と呼ばれていたり」(歳のせいもありますが)。決め手となったのは、様々なコミュニケーション講座を通算1500人以上に行う中で、どんな質問にもほぼ即答してきた、という事実です。中には、私の指摘通りに言葉を変えたら、すぐ反応が3倍になったという嬉しいご報告までありました。

これならライティングとは別の流れで、困っている方々のお役に立てるはず。そう心を決めて、コンサルティングを生業に加えました。名付けて「ことばコンサルティング」。契約形態はまだ流動的ですが、当面、以下の2パターンで進めようと考えています。いずれも非公式ながら実績がある手法です。

1)定期ミーティング方式

たとえば週に1度、2時間のミーティングに参加。その場でのアドバイスや意見をお伝えいたします。

2)個別案件方式

ライティングやクリエイティブ・ディレクションの依頼までは行かないものの、いま手がけている・あるいは改訂を予定している案件に対し、知見をご提供いたします。

ではでは、お問い合わせはお気軽に

Tel:03-5859-0463  Mobile:090-8777-3399

ページの先頭へ戻る

スマホサイトを見る
ページを閉じる

ページを閉じる